誰もが憧れる新築住宅!失敗しないためにも新築住宅の基本情報をご紹介します

マイホームがほしいと考えたとき、誰もが憧れるのは新築住宅ですよね。
人生の中でとても高いお買い物になるのですし、一生をそこで生活していくことになるので、失敗したくないものです。
後悔しないためにも、新築を購入する基本知識を知っておく必要があります。
新築には様々なメリットがあり同時にデメリットもあります。
自分や家族にとって、どのような生活がしたいかじっくり考えて、気に入った住宅を購入できるようにしましょう。

誰もが憧れる新築住宅!失敗しないためにも新築住宅の基本情報をご紹介します

新築住宅とは、建って1年未満の過去に誰も所有したことのない住宅のことを言います。
所有権がなければ注文住宅でも建売でも1年以内なら新築で、誰も住んだことはなくても、建って1年以降は「未入居物件」「中古物件」と表示されます。
基本的に新築住宅は、設備は誰も使用していないため、引き渡しの時点で各メーカーの保証がききますし、住宅メーカーの保証もフルで利用できるので安心です。
未入居物件や中古の場合、保証期間が切れていたり前の居住者の利用方法によっては保証がきかなかったりします。

そもそも新築住宅ってどんな住宅?

新築住宅という言葉の意味を基礎知識として知っておいたほうがいいでしょう。
新築住宅とは新しく建設されて1年以内で、まだ誰も入居したことがないもの、という定義を国土交通省がしています。
ですからたとえ完成から1ヵ月しか経っていなくても、誰かが住んでいた事実があるならば中古住宅ということになります。
また完成してから誰も住んでいなくとも、1年が経過してしまえば中古住宅です。
リフォームに関してもそうです。
スケルトンと呼ばれる、基礎と骨組みだけを残してそれ以外を交換する大規模リフォームがあります。
外壁や屋根、窓などがすべて新しくなりますから新築同然の見た目になります。
しかし基礎と骨組みが古いままですから新築と呼ぶことはできません。
注意してほしいのは、国土交通省の定義が浸透していないことです。
不動産や建築関係の仕事をしていない人と話しているときには、上記の定義は通用しません。
完成から1年以上経過していても、誰も住んだことがなければ新築と呼ばれることはあります。

新築住宅の一般的な価格はどれくらい?

新築住宅を希望されている方の最も大きな関心ごとは、本体価格ではないでしょうか。
住宅のグレードであったり延床面積であったりと、新築住宅と言っても様々なパターンがありますが、一般的な仕様の住宅を建築する場合の目安を知っておくことで予算立てがしやすくなるものです。
予算を決める際に多く使われている数値に、坪単価と呼ばれる目安があります。
これは1坪つまり3.3平方メートルあたりの建築費を算出したものであり、これに希望する広さを乗じることでおおよその目安を知ることが可能です。
多くのハウスメーカーでは、標準的な仕様とすると坪単価が70万円から90万円程度となっていますから、30坪の新築住宅を建設するとなればその本体価格は2,100万円から2,700万円ということになります。
ローコスト住宅であれば坪単価が50万円前後、高級ハウスメーカーであれば坪単価が100万円以上となることもありますので、その範囲の中で予算を確保しておくと安心と言えるでしょう。

新築住宅にはそれなりの日数がかかる

新築住宅を建築する場合、それなりの日数がかかると考え中です。
新築住宅はダンボールで作った住宅ではありませんので、1日や2日で出来上がる事はありません。
ちなみに、プレハブを作る場合でも1日ではできないことを知っておく必要があります。
新築住宅の場合の中でも注文住宅ならば、概ね設計から始めると半年以上費やすと考えて良いかもしれません。
なぜそれほどの日数を費やすかと言えば、それは言うまでもなく住宅建築は丁寧に行っているからです。
そして、基礎から積み上げていき、やがて壁等が出来上がるといよいよ住宅らしくなりますが、その後水回りを始めとする設備等を用意しなければいけません。
最終チェックなどを行い最終的に鍵をもらうのは、完全に住宅ができたと思われる1ヵ月後位になると考えておきましょう。
それを少しでも短くする方法は、設計段階であんまり余計な注文を入れないことです。
これにより、2週間ぐらいは早くなる可能性もあります。

新築住宅と中古物件はどこが違う?

家を購入したいという際には新築住宅にすべきかそれとも中古住宅にすべか迷うものです。
どちらにもいろんなメリットとデメリットがありますし、違いもいろいろです。
新築住宅が中古住宅と異なることは、人がこれまで一度も住んでいないということです。
人が一日たりとも住んでいませんので、きれいな状態です。
「以前どんな人が住んでいたのか気になる」という方であれば新築住宅を購入するほうが安心です。
また、新築物件は、構造や耐震性能などを工事の段階で確認することができる場合が多いですし、家の構造や耐震性能などはモデルルームなどでも確認できる見学会などを実施していますので、地震や台風などは発生したときに、命と家財を守ることができますので安心という大きなメリットもあります。
とはいうものの、新築住宅となるとかなりの費用が必要になってきて、20坪程度の家であっても経費など色々含めるなら2000万円近くは必要になりますのでよく考えて無理のない決定をしましょう。

新築住宅に関する情報サイト
新築住宅の基本情報

マイホームがほしいと考えたとき、誰もが憧れるのは新築住宅ですよね。人生の中でとても高いお買い物になるのですし、一生をそこで生活していくことになるので、失敗したくないものです。後悔しないためにも、新築を購入する基本知識を知っておく必要があります。新築には様々なメリットがあり同時にデメリットもあります。自分や家族にとって、どのような生活がしたいかじっくり考えて、気に入った住宅を購入できるようにしましょう。

Search